セフレは意思を表明していない

「セフレの命を捨てるために死にたい人の選択を理解する」

そして、彼は人生を捨てることを勧めていると思います。

山ゆりえんの19人は、人気俳優やALS患者とは一線を画す要素を持っています。
セフレが死ぬ意思を表明していないのは事実です。
重度のセフレ者であることが意図の発現を技術的に困難にしたのか、それとも知的に熟考しなかったのかは不明ですが、それが問題の本質です。不在。

いずれにせよ、植松が助けてくれなかったら、急に状況が変わらなければ、明日も明後日も19人が生きていただろう。
少なくとも、彼らは自分たちの主導で死ぬことは決してありませんでした。

それで、なぜ私は死ななければならなかったのですか?
彼らの死の原因は間違いなく植松の100%の意志です。

19人に1人は、あえて安楽死させたALS患者のように、そのような体調で「生きる」よりも死ぬほうがよいと考えていたかもしれません。

セフレは世界平和に貢献できると考えた

り事件」から4年が経ちました。
セフレ者である植松聖は、コミュニケーションが取れない重度の障害者は不幸であり、社会に不必要であるという先入観を持っていました。重度の障害者を殺すことで、惨めさを極力減らし、世界平和に貢献できると考えたそうです。

このセフレについての私の考えは、過去の日記(2月7日付けの「灰色のバスが到着した日」)ですでに述べたので、省略します。
とにかく最近、「自殺行為」「安楽死」「死の選択」の日記を書きましたが、この2つの日記に生と死の見方が発達し、「グレイハウンドがやってきたようです。私が主張することと矛盾すること。
言い換えると

「重度障害者として世の中に不必要な人はいないので、人生がある限り人生を楽しんでください。」

一方、大声で叫びながら

「セフレを殺すという行為は、人生を終わらせる知的な方法です」

早期死亡を確認し

セフレは何度か外に出てしゃべる

セフレなのでやってみますが、「聞いてる?」と聞かれると。横から見ると嫌悪感がいっぱいです。
通常、お店では禁止されています。断るしかない。

セフレ、本当に申し訳ありませんが、コミュニケーションがだんだん痛くなるので、外に出てしゃべるだけの人も断ります。

それが田んぼの印象です。

最後に余談

昔、何度かプバに行ってコスプレした時は無料の飲み物だったので、よく日本を選びました←

(セフレ文字以上、800文字以内で失敗)

※お勧めする能力がないので、締め切ります。
相模原市の障害者施設で19人の利用者が殺害された、いわゆる「やまゆ