広島の出会いをするのはすごいと思いました

っていました
広島の出会いよりもその才能に陶酔するのはすごいと思いました
今日は卒業式の歌詞を見ていました
10代の若者が描いた大人のアンチテーゼだと思います
ここで尾崎豊の才能について考えてみましょう
難しい広島の出会いや美しい言葉は使いません
アンチテーゼと言っても、嘲笑の言葉や憎しみの言葉などを伝えることはできません。
しかし、それはアンチテーゼについての私の相反する感情を伝えます
気持ちを一言で表現する
尾崎豊はそう思っていたのですが、言葉選びや組み立てに才能があるのではないかと思いました。
同時に
昭和だったので、そういう歌詞が書けたと思います。
この時代、尾崎少年と同じ感性を持っている人はいないと思います。結局のところ、この時代は色々なことが複雑になっているので、一言でも色々と理解するのは難しいと思います。
尾崎豊から学びたいこと
SNSなどで自分の考えを簡単に書けるようになりました。
特に自己主張やアンチテーゼについて書くとき、言葉を選ばないと下品になります。
自分の性格を納得して気にしない人も多いと思います。
そんな行為をネットに載せる時期が来たと思います。
広島の出会いというものはたくさんあると思います
共感は後付けだと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です