理由が面倒になる呉の出会い

この対話の半分を食べるように感じなさい
私の友達は集まり続けます。呉の出会い

「悪いスターキャストもあります。
聴覚障害者や難聴者でも
あなたはそこにいます。 「

“もちろん”

呉の出会いそしてここから始めよう
気持ちいい抱擁。

「まあ、
画面にたくさんのテロップがある場合
飛ぶことがあります
私はそれを見るのが面倒です。 「

「まあ、
いつものように見ることができるように
あなたは生産側について考えていますね? 「

「……あなたはいつも何を感じますか?」

「いいえ、テロップです」

「なに?テロップ?」呉の出会い

「いいえ、それが手紙になる理由です」

 

 

“何?”

「え?」

“なんて言ったらいいのやら”

「いいえ、大丈夫ですか?
私はあなたがそこで言うことを理解していません。 「

呉の出会い”何?”

“何?”

私はそれが幼児期から普通であると思いました。

例えばあなたが人と話しているとき
たとえば、テレビを見ているとき
たとえば、ラジオを聴くとき

言い換えれば、人々が話している
私の耳に入って
それを聞きながら
私の頭の中でこれらの音
すべてのキャラクターです。

誰かに話しかけて話しても
相手の言葉は常に文字になります
話すスピードを遅らせることなく
意識の中に浮かぶ呉の出会い
流れます。
テレビ番組画面に出ます
私は誰かの言葉をたどった
テロップのようです。

「わかった?
実際、それは異常です。
通常はこんな感じです」

「みんなやっているの?」
それを言うだけです。 「

「いいえいいえいいえいいえいいえ
私は疲れています、彼女はそのようなものです」

“何?
私は子供の頃からずっと一緒にいます。 「

「おかしな」

「呼ばないで」

その友人以来呉の出会い
私は時々思い出したように
それは言葉にはなりません
見知らぬ人になる

「ああ、まだ手紙を書いているの?
どんな手紙ですか。 「

そして混乱に巻き込まれる…

確かにキャラクターになった